BLOG

NALUに関すること、教育に関すること、その他いろいろ
できる限り毎日、少しずつ投稿していきます

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 学習方法・時間術
  4. 成績が上がるって、どういうことだろう?「成績」と「学力」の違いを考える。

成績が上がるって、どういうことだろう?「成績」と「学力」の違いを考える。

こんにちは。コーチの松本です。
「頑張っているのに、成績が上がらない・・・」みんなからよく聞くセリフです。
学生のみんなが勉強を頑張っている大きな理由のひとつは、『成績を上げるため』だと思います。

ここで考えてもらいたいことは、「成績」と「学力」の違いです。
勉強を頑張ることで、必ず上がるもの、それは、「学力」です。勉強をすることで、昨日の自分よりも、絶対に学力が上がります。
しかし、「自分なりに」勉強を頑張っただけでは、「成績」は上がらない可能性があります。

なぜなら、「学力」は過去の自分との比較、「成績」は周りとの比較、だからです。
成績を上げるためには、自分が置かれている「周り(環境)」を意識する必要があります。
どんな人と競っているのか、どんなテストで競っているのか、今の自分の学力の位置はどうなのか、周りはどれくらい学力を伸ばしていっているのか、など、環境には、たくさんの要素があります。
「成績を上げたい」=「学力を伸ばす」+α が必要だということを知っておくことが重要です。

「じゃあ、勉強しても意味ないの?」と感じたかもしれませんが、決してそうではなく、むしろ、勉強のやりはじめは、「成績」ではなく、「学力」を気にしたほうがいいですよ。っていうお話です。
走るのに例えると、はじめは、「順位」ではなく「タイム」を気にしましょう。ということ。
昨日の自分のタイムを超えること。伸びている実感を得ながら、練習に取り組むこと。これが成績を上げるポイントです。いきなり成績を気にせずに、学力という視点で、自分を鍛えていきましょう!

そして、保護者の方も、ぜひ頑張っているお子さんに対して、「学力が伸びている」という視点で接していただきたいです。そうすることで、お子さんは、さらに勉強を頑張れるようになりますよ!

関連記事